2002,4/28 4/29 兵庫県 浜坂町&湯村温泉

  湯村温泉「リフレッシュパーク湯村」(温泉、露天風呂、温水プール)→浜坂「緑風荘」(海老のフルコース)→
  湯村温泉→但馬牧場公園(動物の放牧、草ゾリ、但馬牛のバーベキュー)


「リフレッシュパークゆむら」
水着ではいる露天風呂と、温水プール、温泉、休憩所、喫茶店など、一日過ごせるくらい充実している。手荷物は、ロッカーに預ける為、中の様子の写真は撮れなかった。露天風呂は、滝風呂、五右衛門風呂、洞窟風呂、四季風呂の4つで、子供たちは、洞窟風呂がお気に入り。洞穴の中を入っていくと、岩風呂があり、山の斜面のほうの壁がくり抜いているので、すごく見晴らしがいい。温水プールも、50メートルと、子供用の小さいプールの2つあった。中に、浮き輪を持って入っても良いので、小さい子達は、浮き輪にのって大きいプールで遊んでた。何度かプールに行ってるので、nana&kiritoもプールは大好き!手をつないで、泳ぐ練習をしたり、水の中に放り投げる真似をしたりして遊んだ。3時間くらいいたので、みんなヘトヘト。ごろ寝して、ビールを飲んで帰りました。
「緑風荘」
ここで、1泊した。10年位前、初めて行ったときは、民宿のような感じだったけど、最近、建て直したらしい。うちの母が、ここの海老のフルコースが大好きで、毎年のように通っている。兵庫県、浜坂町の、浜坂県民ビーチのすぐ近くなので、夏は、海水浴もできる。お風呂は、小さいけれど、天然温泉。部屋も、こじんまりして、家にいるような感じで落ち着ける。近くに、海産物を買えるお土産センターもあり。
旅館の近くの、お土産センターまでの道のり。このすぐ横が、「浜坂県民ビーチ」。ものすごく大きな松林が、延々と続いてる。夜は、肌寒いのに、もう、テントを張って、キャンプをしている人がいた。

海老のフルコース。これに、海老の塩焼きと、うにまんじゅうもあります。地元の名産の海老もあり、食べたことのない海老も出てきて、見てるだけでも楽しい。も〜、お腹いっぱい!1k太っちゃった・・・

「湯村温泉」
2日目に、湯村温泉に、温泉たまごを作りに行った。浜坂からは、車で20分くらい。卵を温泉につけてる間、わたし達も、足湯で、温泉に足だけつかった。5分くらいで、つけてたところだけ、真っ赤になり、血行がすごくよくなった。川原沿いに、ずーっと、この足湯の為の温泉が流れていて、老若男女問わず、たくさんの人が楽しんでた。(大学生くらいのカップルもいたよ〜〜。こんな風情のあるところに、旅行に来るんだと思って、ビックリ)
がむしゃらに、温泉卵にぱくつく子供たち。よっぽどおいしかったらしく、「もっと食べたい〜〜」って言って、「一人2個までよ!」と言われているのに、まだ、大人の分をねだって食べてた。これは、nanaと、同じ誕生日で、ちょうど1歳違いの姪っ子。従兄弟で、同じ誕生日っていうのも、珍しくない? とっても、仲良しで、いつも、nanaがくっついていってる。
「但馬牧場公園」
母の友人が勤めているので、「ぜひ遊びにおいで」と言われて、今回、初めて行った。(いつもは、この後出石によって、出石そばを食べて帰る) とても広い敷地で、冬は、スキー場になっている。今の季節は、お花がすごく綺麗で、動物を触ったり、草ゾリなどをして遊べる。ちょうど着いた時に、羊の毛狩りもしてた。(羊が、怒って、「モ〜〜」って、牛のように鳴いてた) 今回は、時間がなくて行かなかったけど、ラベンダー畑や、公園もあるみたい。
放牧場の様子。ここは、ウサギ小屋。nanaは、幼稚園のウサギも大好きで、大喜び!本当は、動物が怖いから、ゼンゼン近寄れなくって、触れるのは、猫とウサギだけ。実際に触る時は、ちょっと、顔がビビってるでしょ。
この下は、羊、ワラビ-,ダチョウ、ヤギのいてる場所の様子。山の斜面全部が、放牧場になっているので、自然に近い状態で、動物達を見れて、しかも触れるのが、とっても魅力的!
ここが、冬は、スキー場になる場所。右のほうに、リフトも見えてるでしょ。今の季節は、人工芝がひいてあって、グラススキーや、子供の、草ゾリができる。子供には、ちょうどよいスピードで、一人ででも、安心して遊ばせられる。kiritoは、スピード狂なので、「一人でちゅる〜〜〜」っと言って、上の方までそりを持ってあがり、ひたすら一人で滑ってた。やっぱり、男の子だねー。
ここで、お昼を食べた。広い座敷で、但馬牛の鉄板焼きをゆっくり食べた。もう、見た事ないくらいの霜降りのお肉で、すごく柔らかくておいしかった。硬い物を食べないkiritoも、パクパク食べてた。野菜も、すごい量で、甘くておいしかった。田舎の野菜って、どうしてこんなにおいしいんだろう!「こんな贅沢な鉄板焼きは、なかなか食べれないよ!」と、ひたすら食べたので、またしても、ここで一キロ太ってしまった・・・・
兄の奥さんが、妊娠9ヶ月という事もあり、無理をしない、ゆっくりした旅行だった。いつも、予定びっちりで、疲れてしまうので、これくらいののんびりした旅行の方が、子供たちにも、ちょうど良かったみたい。ご飯は、大人中心、遊ぶところは子供中心の決め方なので、みんな、満足できたと思う。今回一番の活躍は、母の友達!お友達のおかげで、但馬牧場公園を知って、おいしいご飯も食べられた。おばさん、どうもありがとう!

TRAVELのトップへ HOME