FAVORITE   洋書 1


FAVORITEのトップページへ

「Kitchen Junk (Studio)」
編めるかの、カラフルで、かわいいジャンクものが一杯!30年代から、50年代くらいの物で、この時代の雑貨が、一番好き。キッチンに関係するものだけなのに、ポップで、かわいい所がアメリカなのよね〜
「Anchor Hocking's Fire-King and More:」
あの、有名なファイヤーキングの食器の辞典みたいな本。年代別、柄別で分けられていて、とっても見やすい。コレクターでじゃなくても、見ていて幸せになる本です。
The Family Home
yukieが、一番気に入ってる洋書。アメリカの色んな家庭のインテリアが載っていて、マリン風、アンティーク風、シンプルモダン、ヒッピー風などなど、色んなジャンルのインテリアが載っていて、どれを見てもおしゃれ!ジュンク堂で立ち読みしていて、どうしても欲しくって、思わずカード払いで買った本(笑)


「Good Things for Organizing」
マーサスチュアートの収納の本。キッチン、ワークスペース、バスなど、テーマ別でたくさんの収納方法が載っている。この本にのっているような、うつしく、機能的な収納を目指したい!
「How to decorate]
マーサのインテリアコーディネートの本。実際にすんでいる家のインテリアばかりなのに、生活感がまったくなくて美しい!
簡単なDIYも載っていて、自分でもできそうに思える所が、マ−サの本のいいところ。自分の家を建てるなら、絶対取り入れたいページがたくさんあります。
「Tricia Guild on Color」
テキスタイルメーカーのトレジャーギルドのファブリックの見本帳みたいな本。色別にテーマを決めて、さまざまな布を組み合わせている。日本人には、なかなか発想できない組合わせが素敵!これも、見るだけで、幸せになれる本。


「pure country]
カントリースタイルのインテリアの本だけど、こてこてじゃないところが好き。
色も綺麗だし、アーミッシュ風、オールドアメリカン風、フレンチ風と、イメージの違ったカントリースタイルが楽しめる。
「ELLE DECOR」
有名なELLEのインテリア版の雑誌。色使いが、アメリカの雑誌らしい、爽やかな感じで、パラパラと見るのにいい感じ。もっと、日本で買う値段もお安ければ、いいのに・・・
[Mary Engelbreit's Home Companion]
最近、カントリー雑誌で有名な、メアリーエンゲルプレイトのインテリアの本。もともと、挿絵画家なので、トールペインティングやDIYは、目を見張るばかり。アンティークのコレクションや、オリジナルのテキスタイルもかわいい!すみからすみまで、楽しんで見れます。


「Country Living」
こちらも、日本で人気のあるカントリー系のインテリア雑誌。コテコテのカントリーだけでなく、アンティークや、フレンチ風などもあるのがうれしい。後ろのほうには、家の間取りの設計図なども載っていて(もちろん、サイズ入り)、アメリカの家の間取りを見るのも楽しい。
「HOME」「house beautiful」
アメリカのインテリア雑誌。会社の宣伝のページもデザインが豊富で楽しい。家の中に、グリーンが多いのと、色使いの綺麗さは、ぜひ見習いたい。


「THREADS 30,S」 [Kitties to Stitch & Quilt: 15 Redwork Designs]
どちらも、アメリカのアンティークキルトと、図案と、パターン集が持っている本。フィードサックを使った、昔のパターンと、色合いがとっともかわいい!特に、右の本の猫の図案がお気に入り。

Storage (The Essential Style Guides , Vol 3)
名前のとおり、収納の本。キッチン、ワークスペース、リビングなど、コーナーごとに、色んな収納の写真が載っている。アメリカらしい、スマートですっきりした印象の写真集。


「Paper work」
元の形を作って、紙をぺたぺた張って、色を塗って仕上げるペーパーワーク。小学校くらいの時に、図工の時間にしたけど、これは、「こんなにオシャレな物も作れるんだ〜」とビックリした本。やっぱり、こういうセンスって、洋書はすごいよね♪
[Rooms to Grow in]
もう、どのページを見ても、どの写真を見ても、かわいい!!の一言(^-^) 赤ちゃんから、ティーンエイジまでの子供部屋のインテリアほんなんだけど、かわいいものや、雑貨が好きな人なら、そのまま、リビングなどにも参考に出来そう♪ 買って、よかった〜(>u<)
「Children's Spaces」
これも、小さい子供や、ベビーの部屋のインテリアブック。色もかわいいし、置いてるおもちゃもかわいいし、ファブリックもキュートだし、ほんと、言うことなし!! 家が広かったら、こんな風にしたいな〜って思うのが、いっぱいだよ〜。




Alice's Adventures in Wonderland: A Pop-Up Adaptation of Lewis Carroll's Original Tale (New York Times Best Illustrated Books (Awards))
ずっと欲しかった、アリスの飛び出す絵本。コストコでお安い値段で出てたので、即購入した(笑) 大人が見てもビックリするほど、凝ったつくりで、まさに芸術品!!

「CRAZY KIDS, FOOD」
[Meet Mr. Product]
どっちも、アメリカの食品メーカーの広告のサンプル帳みたいな感じ。マクドナルド、オレンジーナ、トニーザタイガーなどのおなじみのキャラクターから、こんなかわいいのがあったんだぁ〜!ッて思うような珍しいキャラまで、盛りだくさん♪ 絵本を見てるように、楽しい〜(^−^)


洋書の絵本


「The Kewpies Book」
キューピーの絵本。形がかわいいでしょ。中は、白黒で、ぬり絵っぽい感じ。
「The Tree Little Pigs」
3匹の子豚の絵本。ちょっとアンティークっぽい絵がかわいい。子供用に買ったんじゃなくって、これは、yukieようです。
「THE KEWPIES AND THE RUNAWAY BABY」
キューピー以外の動物も出てきて、とってもかわいい絵がたくさん載ってる。キューピー達が、あっちこっちの場所に冒険に行くお話。


「paddington」
パディントンが、コインランドリーに行くお話。これも、絵がかわいくって、独身時代に買った本。こういう、小さい子供向けの洋書は、絵が多いし、英語が簡単なので、おすすめ。
「KAPYCEAb」
高校時代に、友達がロシアのお土産にくれた絵本。絵本好きな私に、ピッタリのお土産でしょ。アメリカの絵と違って、ちょっとリアルで、色もトーンが暗め(nanaとkiritoには、怖いらしい)。広げた時に、メリーゴーランドの形になってるのがかわいい。
「FIRST NURSERY RHYMES 」
マザーグースの絵本。百貨店の洋書フェアで買ったもの。マザーグースの絵本はたくさんあるけど、絵がレトロな感じなのと、色が綺麗なので、これにした。大好きなハンプティダンプティも表紙に載ってるしね。


「Bialosky and the Big Parade Mystery」
ビアロスキーというクマの主人公が、町のパレードでのミステリーを、友達と解決していくお話。大学時代に、紀伊国屋で買った絵本。動物と、人間が一緒に登場する、外国ならではのお話がかわいい!もちろん、主人公は、クマちゃんだしね。絵も、パステル調なんだけど、ひょうひょうとした人間の顔がかわいすぎず、cute.
「Peter Pan」
こちらは、ハードカバーのピーターパン。裏表紙の見開きが、ディズニーの動物キャラ大集合で、そのかわいさに惹かれて買ってしまった。ページ数が多いので、文章も多め。
「Barbie」
バービーの塗り絵。というわけで、中は、白黒の線画のみ。でも、絵のレトロな感じがとてもかわいいの!結婚当初、「子供ができたら、塗り絵させてあげよう」と思ってたけど、もったいなくって、そんな事はできませ〜ン!yukieの物です。


「Peter Pan」
ピーターパンの絵本。ピーターパンのお話は、小さい時から大好きで、独身の時に買った絵本。nanaがお腹にいる時と赤ちゃんの時に、よく読んだ。妖精のティンカーベルをずっと信じられる、夢のある子になってほしい。
「ELMO SAYS Dont Wake the Baby」
nanaを妊娠した記念に買ったエルモの絵本。友達の赤ちゃんをお散歩に連れて行く間、みんなに「静かに〜」って言って、寝ている赤ちゃんをみんなで見守るかわいいお話。これも、妊娠中&赤ちゃんの時に読んで聞かせた本。セサミストリートのキャラクターが大好きで、テレビもよく見てた。
「POOH,s GRAND ADVENTURE」
プーさんたちが、森に冒険に出かけるお話。nanaが赤ちゃんの頃、プーさん好きだったので買った絵本。絵もカラフルでかわいいし、知っているキャラクター達なので、子供もなじみやすいみたい。文章が多いので、中学生くらいになったら、子供たちも自分で読めるかな?


「A Child,s GARDEN of VERSES」
アリス・プロベンセンの挿絵がかわいい本。1〜3ページくらいのたくさんの詩が詰まった本。絵が大きくてかわいくて、どのページを見ても、額に入れて飾れそうなくらいステキ!
[The Color Kittens ]
同じく、アリス・プロベンセンの挿絵の本。ペンキを混ぜて新しい色を作るのが大好きなレトロな猫ちゃんたちが、たくさんの色を作って、それで絵を描くという内容。小さい子の、お絵かきの教則本のような内容だけど、絵と、内容がめちゃくちゃかわいい!この絵に一目惚れして、←と2冊買ってしまった。

FAVORITEのメニューページへ